2017年01月25日

【宅建合格ライン2017年】短期合格のために必要な要素に合格に必要

宅建士試験合格して、その先の就職転職に活かしたい。
そのために、試験合格は、効率よく勉強できればと思いますよね。

宅建士試験は短期決戦に向いた試験になります。
2017年こそは、合格したい、取得したいと考えている人に

最大限無駄を無くし、効果的な
記憶法を使うことで、平日朝1時間、夜1時間の勉強で(土日は3時間します)、
約3ヶ月後に合格圏内に入ることができます。

1home_title2.jpg


 もっと短い期間で「宅建試験」合格する必要がある場合は、残りの日数から逆算して
1日の学習時間を増やすことになります。

私は5つの国家試験の講師経験がありますが、他の法律系国家試験にくらべ、
「宅建試験」は覚えるべき事項はかなり絞り込むことができます。
また、出題形式も択一式のみでシンプルですから、出題形式に
わずらわされることもありません。

 ひたすら、先ほど書いた「試験に出る宅建士試験の超重要事項」を覚え、
あとは実践力を磨くためのトレーニングをしていけば自然に合格は見えてきます。


・・・さて、独学初学者の方が「宅建試験」短期合格のために必要な
要素についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、最も大事なことは、2つだけです。

「合格に必要なところだけ完璧にする」
「短期間で確実に覚えられる記憶法を使う」

 これができるかどうかで独学で短期合格の成否は決まります。
現在、これを実践するための「坪式(ツボシキ)学習法」という独自の学習法モデルを考案し、
大学の宅建講座の生徒さんにも結果を出してもらっています。

 もし、あなたに興味を持ってもらえたのであれば、
本来は私の大学の講座に通っていただくのが
ベストではありますが、なかなか現実には叶わないと思います。

 そこで、あなたがどこにいてもこの学習メソッドをお伝えできるよう、
今までの指導経験の集大成として1冊の学習マニュアルの中にエッセンスの
すべてを詰め込みました。

 それが「坪式宅建学習法」です。

「宅建試験」の合格を目指しているのではなく

その先の、仕事に、就職や転職に活かしたいと考えている方に

おすすめの勉強法になります。


宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法

試験に受かる「宅建士試験の超重要事項」とは?
 試験は過去問だけから出題されるわけではありません。
「過去に出題されていないけれども、今後出題される確率が極めて
高い内容」 があります。
それと過去に出題された論点をあわせて、試験に受かる
「宅建士試験の超重要事項」になります。「宅建士試験の超重要事項」を特定する方法について
お伝えします。

「基本書」、「過去問問題集」、「図表整理集」 この3つで必ず
  合格する理由とは?
 宅建士試験は、適切な「基本書(基本となる参考書)」「過去問問題集」「図表整理集」が
あれば合格できると言い切ることができます。
予備校も通信講座も要りません。
 それも、基本書については、合格に必要な部分しかやりません。

使用すべき「参考書・問題集」はどれか?
 宅建士試験の受験書(基本書・問題集)は溢れています。
多くの受験書の内容を精査しましたが、完成度にはばらつきがあり、
お薦めできる受験書は多くはありません。
そこで、プロの目で良書を選りすぐりました。
基本書も過去問題集もこれを使ってもらえば万全のスタートと言えます。

2017年こそは、宅建試験に合格して
その先に進みましょう。
posted by 宅建合格 at 06:39 | 宅建試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月15日

【宅建試験対策】勉強法として「過去問」?独学で短期で効率よく勉強

【宅建試験対策】勉強法として「過去問」?独学で短期で効率よく勉強しませんか?
宅建試験に独学で合格する事って可能な事でしょうか?
試験を受けるには、やっぱり最短距離で、必ず合格したいって
誰でも思う事ですが、「独学」で挑戦したい。

お金を節約するという面もありますが
学校に通うのは、時間的にも厳しいって方もいらっしゃるはずですし。

短期学習により宅建試験に合格を目指す方法
勉強法、試験対策があれば知りたいですよね。
1home_title2.jpg


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法
実は・・・
「宅建試験に独学で知識ゼロから最短合格する学習法」というものがあります。

・どの参考書を、どうやって使い、何を覚えていけばよいか分からない・・・
・過去問など問題演習を繰り返してもちっとも頭に入らない
・自分のペースで基本書を覚えていっても、恐ろしいほど時間がかかりとても
間に合いそうにない・・・

宅建試験に合格するためには
最も大事なことは、たった2つだけです。
(1)試験に出るところだけ完璧にする
(2)確実に短期間で覚えられる記憶法を使う

この2つを実践すれば宅建試験は決して難しい試験ではありません。

働きながら宅建試験合格を目指す、忙しい社会人の方のための学習法です。
「自己流の勉強法でやっているけれど、どうも手ごたえが無い」という方は
ぜひ5分間だけ集中してこのページを読んでみてください。

あなたの試験勉強のヒントになることが書かれているはずです。

このページで対象にしている方は、独学で短期学習により宅建試験に
合格を目指す受験生です。

法律を深く理解して法解釈を考えながら勉強したいと思っている方などには
向かない方法ですので、その点は予めご了解ください。

宅建試験は合格しないとはじまらない試験です。
受かってこそ意味があります。
ぜひ次の試験で合格し、実務をしながら研鑽をしていただきたいと思います。

試験対策として参考書を使っていますか?
宅建試験を勉強中の方は何科目学習されているでしょうか?

短期合格を目指す忙しい受験生は「主要3科目だけ」をまず制覇してしまうことを
お勧めします。この3科目で8割以上の配点になっており、実はやり方次第で
3科目の学習で合格点を取ることが実際にできるのです(理由は後でお話します)。
主要3科目に集中することで、負荷も減り、費用対効果の高い学習が
できるようになります。

 しかしながら、科目を絞ったとしても参考書(基本書)を見るとまだ結構な
ボリュームがあります。決して最初のページからコツコツ学習していっては
いけません。法律を学ぶというよりも「試験対策として参考書を使う」必要があります。

宅建試験に出る「試験のキモ」を覚えるだけで合格できる?
もしかしたらあなたはこう思っていませんか?
「どこが出題されるかなんてわかりっこない。結局重要そうなところをまんべんなく勉強するしか無い・・・」
そして、参考書の1ページ目から“重要”と書いてある箇所を中心にコツコツ覚え、
しばらく進んだら問題演習・・・という繰り返しで勉強をするとどうでしょうか?

このやり方では時間がかかり過ぎますし、結果、いくら時間があっても足りない
(ああ、今年も間に合わなかった・・・)ということになりがちです。

 毎年4万人もの受験生が受験票を手元に持ちながら試験会場に足を運びません。
(平成24年度は受験申込み者数23万6千人、当日 欠席者4万5千人 )
 初期段階で学習範囲の絞り込みがしっかりできないと、不合格の
大きな原因である「時間切れ」になる危険も高くなります。

 実は、宅建試験は専門家ならずとも十分出題予想ができる試験なのです。
宅建試験の勉強をするときにぜひ行なって貰いたい作業をすることで
(誰もができる作業です)、次の試験に高い確率で出題される箇所
が浮き彫りになります。
そこで覚えるべき知識が「宅建試験のキモ」となります。
 あとはそこだけ覚えればよいのです。非常にシンプルです。

 注意していただきたいのは、
参考書に書かれている「ここが重要!」といった記載は、
本当に重要なところでないことが多いという事実です。

宅建試験に出題される個所だけ完璧にしたい
もちろん心配は要りません。
先ほども言いましたが、「高い確率で試験に出る箇所」については
かなりの部分特定できる試験なのです。

  参考書の重要度記載には惑わされないようにしながら、
私の勧める作業をしてもらえば、勉強すべき箇所(=試験に出題される箇所)
はかなり絞られてきます。この絞り込みができるかどうかが、短期合格のための
大事なポイントです。

 ちなみに「学習範囲を徹底的に絞り込む」のは、私の得意分野です。
私自身、宅建試験と行政書士試験を同じ年にダブル受験して一発合格しています。
さらに、次の年には社労士試験にも一発合格を果たしました。

 何よりも「試験に出るところを掴みとる方法論を見つけ出し」
「そこだけを徹底学習する。」方法を貫いたからです。
学生で社会経験がなかったので、法律条文の意味なども正直よく分からない
ところも多かったものです。
 しかし、試験に出るところがわかっていたので、理屈はともかく
そこを覚えるだけで正解を導くことができました。

 時間がなかったからこそ無駄を一切省く方法を編み出せました。
その時に考えだした方法は今でも全く有効で、宅建試験に限らず、
生徒さんには結果で証明してもらっています。
それは国家試験の性質上当然のことなのです。

 範囲を最小限まで絞れたら、半分は成功(=合格)したといっても過言ではありません。
これができずに、やみくもにあらゆることを覚えようとして、
膨大な量に途中で嫌になり挫折してしまう受験生がいかに多いことか・・・。

正攻法で参考書を一からひと通り覚えようとしたら1年では足りないほどのボリューム
(基本書で500ページから1000ページ)がありますから、
「試験に出るところだけ勉強する=最小限まで絞り込む」ということの重要さは
何度強調しても足りないぐらい重要です。

宅建試験対策の記憶術で合格を目指すなら
覚える内容を合格に必要な最小の範囲に絞り込み、そこからは暗記モードに
入っていただきます。テンションを上げて一気に短い時間で覚えきってしまいましょう。

 記憶を効果的に行うための独自の方法論がありますので心配は要りません。
私のおすすめする記憶術でどんどん頭に入れていってもらいます。

 例えば、宅建業法という科目では細かな知識が出題されます。
それをどうやって記憶すればよいのか?私の生徒には複数の記憶術を
併用したものをお勧めしています。それを坪式記憶術と呼んでいます。

宅建試験は「短期決戦」に向いた試験になります。
宅建試験は短期決戦に向いた試験です。最大限無駄を無くし、効果的な
記憶法を使うことで、平日朝1時間、夜1時間の勉強で(土日は3時間します)、
約3ヶ月後に合格圏内に入ることができます。
 もっと短い期間で合格する必要がある場合は、残りの日数から逆算して
1日の学習時間を増やすことになります。

 私は5つの国家試験の講師経験がありますが、他の法律系国家試験にくらべ、
宅建試験は覚えるべき事項はかなり絞り込むことができます。
また、出題形式も択一式のみでシンプルですから、出題形式に
わずらわされることもありません。

 ひたすら、先ほど書いた「試験に出る宅建試験のキモ」を覚え、あとは
実践力を磨くためのトレーニングをしていけば自然に合格は見えてきます。

・・・さて、独学初学者の方が短期合格のために必要な
要素についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、最も大事なことは、2つだけです。

「試験に出るところだけ完璧にする」
「短期間で確実に覚えられる記憶法を使う」

 これができるかどうかで独学で短期合格できるかの成否は決まります。
現在、これを実践するための「坪式学習法」という独自の学習法モデルを考案し、
大学の宅建講座の生徒さんにも結果を出してもらっています。

 もし、あなたに興味を持ってもらえたのであれば、
本来は私の大学の講座に通っていただくのが
ベストではありますが、なかなか現実には叶わないと思います。

 そこで、あなたがどこにいてもこの学習メソッドをお伝えできるよう、
今までの指導経験の集大成として1冊の学習マニュアルの中にエッセンスの
すべてを詰め込みました。
1button_moushikomi_on.jpg


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

短期学習により宅建試験に合格を目指す方法
勉強法、試験対策で、ぜひ最短距離の試験勉強で合格を目指してください。

「独学」での効率よく試験対策した人はご参考にしてみてください。
posted by 宅建合格 at 00:59 | 宅建試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月12日

宅建試験には、合格に必要な部分に絞り短期合格を目指します

坪先生の宅建学習法は、独学の初学者が、最短距離で合格できる学習法を
解説したものです。

坪先生の18年間以上の宅建指導ならびに宅建学習法研究の集大成であり、
(長い期間生徒を通わすことが経営上宿命付けられている)
予備校では教わることのできない本音の学習法モデルです。

独学受験者は本屋に行ってその種類の多さにどれを選んでいいのか迷ってしまうでしょう。
そこで、定評ある受験書をプロの目から推奨します。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

「基本書」、「過去問問題集」、「図表整理集」 この3つで必ず
合格する理由とは?
宅建試験は、適切な「基本書(基本となる参考書)」「過去問問題集」「図表整理集」が
あれば合格できると言い切ることができます。
それも、基本書については、合格に必要な部分しかやりません。
それぞれについて、使用する意味を説明しましょう。

使用すべき「参考書・問題集」はどれか?
 大手の書店に行けばわかりますが、宅建試験の受験書(基本書・問題集)は溢れています。
今回改めて多くの受験書の内容を精査しましたが、完成度にはばらつきがあり、
お薦めできる受験書は多くはありません。そこで、プロの目で良書を選りすぐりました。
基本書も過去問題集もこれを使ってもらえば問題ありません。

「図表整理集」の勧め
 多くの受験生はこれを有効に使っていません。この図表整理集は大変な武器になります。
 何より、本試験当日、試験会場に持っていき、直前まで知識の確認をする
大切な役割を担っています。
 是非とも、自らの手で図表整理集を作ってください。
その使い方についてお伝えします。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法
試験に出る「宅建試験のキモ」とは?
 試験は過去問だけから出題されるわけではありません。
「過去に出題されていないけれども、今後出題される確率が極めて
高い内容」 があります。それと過去に出題された論点をあわせて、試験に出る
「宅建試験のキモ」と呼んでいます。「宅建試験のキモ」を特定する方法について
お伝えします。

過去問題集を複数使う理由とは?
 過去問は2種類から3種類使うことをお勧めします。
1種類の過去問を使って覚えるのに苦労するよりも、複数使ったほうが結果的に早く覚えられます。
併用することに大変大きな意味があるのです。その意味と、具体的な使い方についてお伝えします。

基本書中心の学習が短期合格に向かない理由とは?
 基本書を中心に学習すると、短期合格の遠回りになります。
確かに基本テキストを全部覚えれば、大幅に合格ラインを超える点数が取れるに
違いありません。予備校では独自の基本書を中心とした講義をしていくでしょう。
ただ、基本書のボリュームはかなりあります。
それをこなすためには膨大な時間とエネルギーが必要になります。
先ほど書いたように主要3科目に絞っても不要な記述が多いです。
 坪式宅建学習法では合格に必要な部分しかやりません。
ちなみに、基本書はそのまま読んでもほとんど頭に残らないでしょう。
記憶に残すための「テキストの汚し方」も具体的にお伝えします。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法
過去問だけの学習が困難な理由とは?
 国家試験において「過去問が大切」ということは受験生の常識になっています。
しかし、中には過去問だけを勉強しようとして、強引に何回も繰り返していく受験生もいます。
これでは時間ばかりかかって手応えもつかめず、途中で嫌になって挫折する危険があります。
実際、過去問だけをやり込んでいく方法は、独学ではかなり困難です。
過去問は宅建試験においてもしっかりマスターすべきですが、それを助けるための
【工夫】が必要です。
 過去問をマスターするための工夫についてお伝えしていきます。

「暗記する事項」と「理解する事項」を区別する重要性とは?
 受験勉強を独学でする場合に、一番困るのは、何を覚えるのか分からないままテキストに
取り組むことです。テキストには、暗記する事項と理解する事項が明確に分けられていないものが
多く存在します。「理解すればよくて覚える必要のないこと」もたくさんあります。
ここを区別できていないと無駄な暗記の時間を費やすことになります。
 そこで、何を覚えるべきで何が理解すべきことなのか、区別するコツについてお伝えします。

出版社の思惑を知らないと落とし穴にはまりやすい理由とは?
 推薦受験書を使っていただければ間違いはありませんが、もし自分で受験書を選びたい、
あるいは今年は既に使いたい参考書がある、という場合に注意すべき点があります。
短期合格のための、受験書に対する大事な心構えをお伝えします。
宅建試験の合格に科目別の具体的な攻略

今回は、完全独学合格マニュアルにするべく、具体的な
学習法・オリジナル記憶法の他に、モチベーションアップ術、
合格スケジュール術(どの科目のどの参考書を何日でこなすか等、
時系列に詳しく)まで含めた内容に仕上げました。
合格に向けて万全を期す意味で、「本番で実力を発揮する方法」も
詳しくお伝えしています。

宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法
posted by 宅建合格 at 07:27 | 宅建試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月13日

宅建に独学で一発合格

宅建に独学で一発合格

たった75日で宅建に独学で一発合格した 私の勉強法












宅建に独学で一発合格




私が試験まで75日という時間のない中で宅建に独学合格した方法です





その当時、宅建試験までわずか75日しかない状態で

「お金がないので独学で宅建の勉強をして一発合格を狙います!」

と私が言ったとき、

会社の先輩や同僚たちの誰もが
かわいそうな猫でも見るような哀れみの目を私に向けました。

しかし、その75日後、私が自己採点の結果ををみんなに発表し、
そして12月に合格証書を手にしたのを見ると・・・

たった75日で
宅建に独学で一発合格した私の方法をお教えします。
たった75日で宅建に独学で一発合格した 私の勉強法








宅建に独学で一発合格

たった75日で宅建に独学で一発合格した 私の勉強法
posted by 宅建合格 at 06:31 | 宅建試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム