2012年11月04日

宅建 試験の基準及び内容

宅建 試験の基準及び内容

宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。(宅建業法施行規則第7条)
試験の内容は、おおむね次のとおりです。(同第8条)

土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
宅地及び建物の価格の評定に関すること。
宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。


宅建 試験の基準及び内容
楽して、おいしいものゲットしよう!
ダイエットで減量しましょう
posted by 宅建合格 at 09:04 | 宅建 試験の基準及び内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム